初めての車イスと松葉杖

昨夜から股関節が痛く、寝返りも打てずに全然眠れませんでした。今朝、健康診断を入れていたので、クリニックに行ったのですが、まず、脚が上がらないので指定された服に着替えられない!更衣室で四苦八苦しているとそれを見かねた方が、「お手伝いします」と見ず知らずの私にズボンを穿かせてくれました。

さあ検査へ…。しかし、寝返りも打てない、座ったらなかなか立てないと、指定された検査が出来ず、全てキャンセルし、その帰り道、整形外科へ行きました。

整形外科へ着くと、私のよれよれ姿を見た看護婦さんが車イスを使うことを薦めてくれました。車イスはもっと重症の人が使うものだと一度は断ったものの、痛みが激しかったので結局使わせてもらい受診しました。

ただの筋傷めだと軽く考えていたのですが、先生の診断とは違いました。診察が終わると松葉杖になり、「タクシーをお呼びしますか?」と至れり尽くせりの診察でした。

痛み止が効いて、今は楽になり、松葉杖を使わなくてもよくなりました。しかし、松葉杖はいろんな使い方があるのですね。歩く補助の軽い支えみたいな使い方もあるので、しばらくはその使い方でいいかなと思っています。

昨夜の激痛が来る前に眠りたいと思います。おやすみなさい。

広告

今年の桜

今年の桜は、例年より早く満開を迎えました。卒業式に桜の年になりました。

東京は久しぶりの大雪。なめてかかってました。

仕事を定時に終え、すぐ帰路についたのですが、まずバス停が長蛇の列。ようやくバスに乗ったら、いろんなところで車が埋もれている。最悪なことに、坂に差し掛かったら、「ブレーキが効かないので、このままだとぶつかるため降りてください」と。雪の中、降ろされました😢

温かいものを身体に入れようと入ったカフェは満席でしたが、スタンディングで構わないと伝え、なんとか一息つきました。その時、こんなに可愛いラテアートを作ってくれました。

パワーをもらい、寒い中、なんとか帰宅できました。今日は忘れられない1日なりました。

残念

ポストに入っていたダイレクトメール。これって変換間違えじゃないですよね…。かなり、残念。

生きる力

先日、パキラの剪定をしてから、伸びてきた新しい芽。生きているという実感。

この頂きもののパキラ。実は棄ててしまおうかと頭に過ったくらいボロボロになったことがあったのです。棄てるくらいならと、全部の枝を切り落とし、見るも無惨な格好にし、水をあげ続けたら、復活したのです!

この時期外れの小さな新芽が、たくましく成長するのを見守りたいです。

日常の大切さ

朝起きて、空が青いな、気持ちいいなと何ごともなく今日一日が始まると思っていたときにミサイルが落ちてきたら、私の人生は終わりです。広島や長崎も、よくわからないうちに、核爆弾が落とされたのだろうと考えると、やるせない想いです。

昨日と同じように今日、明日が続く。目の前の仕事をこなすのが私の日常。その中に小さな幸せや揉め事があり、自分が主役の舞台でドラマがあるわけで、舞台外で打ち切られてしまうなんて、考えもしてません。

毎日穏やかな日常を継続できるのも、昔の人の失敗を糧にしているからだと思います。また同じ過ちを日本が起こさないように、細やかながら願っています。

甘えられる場所

夏休みは実家でな~んにもしないゆっくりした生活を送らせてもらいました。黙っていても美味しい料理が出てきますし、子供の頃のように両親に甘やかされ、本当にのんびりできました。他人がみたら自堕落な生活にしか見えなかったと思います。それでも両親は「これをしなさい、あれをしなさい」と言うことも一切ありませんでした。

    夏休みを終えて自分の家に戻ってからは、仕事にいそしみ、家では掃除に洗濯、いつも通りの生活に戻りました。実家で丁寧なごはんを用意してもらったので、私も丁寧に暮らせねばと、調理にも精を出しています。

    こうやって甘えられる場所があることで、日常の生活が頑張れています。