パキラの剪定

部屋に飾っていたパキラくん。葉が増えすぎた感が否めない。勇気を振り絞ってばっさり剪定しました。(右が剪定後)

パキラは生命力が強いので、むくむく出てくるのがおもしろいです。時期的には4~7月くらいの剪定が本来はよいみたいです。

甘えられる場所

夏休みは実家でな~んにもしないゆっくりした生活を送らせてもらいました。黙っていても美味しい料理が出てきますし、子供の頃のように両親に甘やかされ、本当にのんびりできました。他人がみたら自堕落な生活にしか見えなかったと思います。それでも両親は「これをしなさい、あれをしなさい」と言うことも一切ありませんでした。

    夏休みを終えて自分の家に戻ってからは、仕事にいそしみ、家では掃除に洗濯、いつも通りの生活に戻りました。実家で丁寧なごはんを用意してもらったので、私も丁寧に暮らせねばと、調理にも精を出しています。

    こうやって甘えられる場所があることで、日常の生活が頑張れています。

    三井銀行のキッチンクロス

    掃除グッズから出てきたクロスに三井銀行のキッチンクロスがありました。メガバンクの三井住友銀行の前身だった『三井銀行』。

    三井銀行の簡単な略歴になりますが、三井銀行が1990年に太陽神戸銀行と合併し、太陽神戸三井銀行(1992年さくら銀行に改称)ができました。2001年、住友銀行とさくら銀行が合併し、三井住友銀行になりました。

    つまり、このキッチンクロスは1990年以前の品物。歴史あるものです。いや、ありすぎか?!

    今日から夏休み

    今日から夏休み。持参した芋焼酎で父と晩酌。休みの期間、いろんな芋焼酎を仲良く楽しみます。今年ものんびりした夏休みになりそうです。

    灯りのない世界

    電気を使いすぎて初めてブレーカーが落ちて部屋から灯りが消えました。

    すぐにカーテンを開け、外の灯りで懐中電灯を見つけ出したのですが、電池が古く弱々しい光。暗闇の中でこの明るさでは頼りにならず、常時コンセントで充電している玄関ライトを手探りで探しだしましたが、こちらは灯りがつかない😭。引っ越してきてから充電池を変えたことがないので、劣化していたようです😱😱。

    電気がないのでインターフォンで管理室へも連絡が出来ず、携帯電話から管理室へ連絡し、復旧してもらいました。

    避難時のため、災害のためのリュックや懐中電灯をいくつも用意しても、ここぞの時に電池切れでは、意味がありません。今回のことを教訓に、懐中電灯の電池を交換し、紙を挟んで放電しないように工夫しました。

    灯りがないのは、とても不安になるものです。

    園芸土はリサイクル!?

    春になったのでベランダの花の植え替えをしました。今回は土も入れ替えをしたため、園芸土は資源回収にもっていきました。というのも、私の住んでいる地域では簡単に土を捨てられないのです。

    月二回の資源回収日にあわせてお片付け。オリヅルランは剪定して丸坊主(笑)。

    バスルームを楽しむ

    お風呂好きな私。バスピローを付けたり、居心地のよいバスルームではあるけれど、どこか変えたいなと。

    手っ取り早く楽しめるステッカーを貼ってみました。子供っぽいかな😄。