灯りのない世界

電気を使いすぎて初めてブレーカーが落ちて部屋から灯りが消えました。

すぐにカーテンを開け、外の灯りで懐中電灯を見つけ出したのですが、電池が古く弱々しい光。暗闇の中でこの明るさでは頼りにならず、常時コンセントで充電している玄関ライトを手探りで探しだしましたが、こちらは灯りがつかない😭。引っ越してきてから充電池を変えたことがないので、劣化していたようです😱😱。

電気がないのでインターフォンで管理室へも連絡が出来ず、携帯電話から管理室へ連絡し、復旧してもらいました。

避難時のため、災害のためのリュックや懐中電灯をいくつも用意しても、ここぞの時に電池切れでは、意味がありません。今回のことを教訓に、懐中電灯の電池を交換し、紙を挟んで放電しないように工夫しました。

灯りがないのは、とても不安になるものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。