納得できないこと

おかしい。

給食費の未納が26億円。払えるのに払わない家がある。回収で悩むならば、子供手当を廃止し、私立は裕福な家庭の行く学校と分けて考えて、国公立の小学校給食費を無料にすればいいのに。なんで、それができないんだろう?

生活保護。まじめに25年以上加入してからやっと受給される国民年金よりも、生活保護受給者の受け取る金額の方が高いのってどうなの?もちろん本当に生活保護がないと生きていけない人は別。これは最後のライフラインであるのに、簡単に受給できているんじゃないかなと思います。だって、テレビに出ている芸人の親御さんも生活保護を受けているらしいです(現在調査中)。援助できる身内がいればその人に援助を求めてもらうのが生活保護の鉄則なのに。

ちなみに生活保護とは、最低生活費は八種類ある扶助を合計した金額になります。出産扶助、生業扶助、葬祭扶助は臨時的に適用されるものなので、基本的には生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、介護扶助の合計が最低生活費となるそうです。

(扶助の種類)
1.生活扶助=衣食など暮らしの費用
2.住宅扶助=家賃など住まいの費用(ロー ンを除く)
3.教育扶助=小・中学校の費用
4.医療扶助=病院や医院にかかる費用 (部屋代は除く)
5.出産扶助=お産の費用
6.生業扶助=手に職をつける,仕事につ くための費用
7.葬祭扶助=火葬や埋葬など,葬祭の ための費用
8.介護扶助=介護保険料と自己負担費用

色々申請すれば20万近くなりますし、+医療扶助も受ければ、医療費は無料。不正受給者がたくさんいるのも、わからなくなくないです。でも、生活保護を受けながら携帯のアプリやパチンコに数万円を費している人もいて「これは生きるための生活必需品」と馬鹿なことを言っている。どう考えても、違うでしょう?私たちだって節約したり、欲しいものを我慢しながら生きているのに。

遊ぶお金にしないためにも現金支給ではなく、現物支給にすればいいのにと思います。例えば生活扶助は米や服などのモノを支給する。住宅扶助もアパートも空いているところに入ってもらうなど。教育扶助も給食費が無料になれば教材費のみだろうし。その生活が嫌だと思う動ける人は、働いてお金を得られるよう努力して欲しい。

「義務教育期間の子供手当を止めてその分を給食費の無料にする」なんてすぐにできそうなのにそれをやらないなんて、誰かが得をしているのかなと思わざるを得ないです。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。