イチゴの思い出

イチゴを買うときは、なんとなく贅沢な気持ちになる私。今日は私の誕生日なのでイチゴありです。

イチゴの思い出

私はイチゴを食べると、自分が入院していたことを思い出します。

入院していた時、固形物を食べられなかった私は全て食べ物をミキサーで流動食にして摂っていました。胃に流し込んでいただけなので味などはほとんどわからなかったのですが、一度イチゴを流動食に入れたら、香りが鼻に残って、「イチゴを食べている」ような気分になりました。それを母に話したら、その後ほぼ毎回イチゴを買って病院に来てくれるようになりました。

「イチゴは贅沢なもの」なのに(私の思い込みですが)、味のわからない私に買ってきてくれて、しかもミキサーで形ないものにしてしまうという贅沢を入院中ずっとしていました。かなり甘えていましたけれど、愛されている実感の持てたイチゴの思い出です。

人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック2件

  1. おはよう\(^o^)/
    イチゴは幸せな香りがするものね。
    愛されている実感がもてるって素晴らしい事よね。
    し・あ・わ・せ・(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。