節電生活で思うこと

東京の夜からネオンが消えました。

温暖化対策のために、温室効果ガスを減らそうとECOが国内で言いだされてから、各企業はCO2削減にそれなりの対策を練りました。しかし今回の節電や計画停電を実施するにあたり、今までのECOはエゴだったのでは?と思い始めました。

今までのECOは自分たちに支障がない範囲の節電や節水。つまり「贅沢をしていた部分を止めただけ」「必要なところだけ使う」そういった当り前のことにすることを私たちはECOと呼んでいたように思います。でも、今の節電は違います。他人を思いやって、何らかを我慢しながら節電しています。

電気が回復し自由に電気が使える生活に戻ったときにも、この想いを忘れないように節電を続けていければと思います。早くそういう日が戻って来てほしいです。

人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 私もそう思います。
    いろんなことを見直す機会なんでしょう。今って。

    文句ばっかりでしたもんね。
    こんなに幸せな環境なのに。

  2. すけけんさん、こんにちは。

    毎年、この時期は桜の開花予想が大きなニュースだったなんて、今考えると平和だったなと思います。

    災害が終わったという意識はなく、まだ最中だと思っています。早く穏やかな気持ちに戻りたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。