特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ 25の秘密~

日比谷公園で特設会場が組まれている特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ 25の秘密~に行ってきました。

チケット半券

この展示は大きく二つに分かれており、一つは『モナ・リザ』を徹底的に解析して判明した25の新事実を紹介するというもので、本物は何一つありません。すべてがレプリカです。それでも人は集まるものなのですね。

もう一つはレオナルド・ダ・ヴィンチの芸術家としての面だけではなく、工学や建築、都市計画といったさまざまな分野で発明した模型があり、万能人を見せつける展示会になっていました。こちらは面白い。飛行機やヘリコプターから、移動ピアノだったりと、何に対しても好奇心旺盛だったんだなと驚く模型がたくさん。なんだこれ?っていう不思議なものもあり、発明家は当たらなければ、変った人だなと再認識しました。

左目頭のしこり『モナ・リザ』の話になりますが、モデルはダ・ヴィンチ本人だという説があったり謎めいています。ちょっと笑ってしまったのが、左目頭にある「小さなしこり」をめぐっての解析。ナポレオンの浴室に飾っているときに出来たと思われる水滴のシミあとと言われていますが、モデルが高コレステロールだったため左目の周りに脂肪酸によるふくらみができたという説があったりと、 いろんな見方があるんだなと。眉毛やまつげがないことなど・・・。世界に名だたる芸術品を最新の科学技術で取り除いていく事で浮かび上がってきた、新事実の紹介でしたが、凡人の私は、「本当に一つ一つに深い意味を持たせて描いていたのかしら?」という気持ちで見ていた展示会でした。

本物と同じ大きさで表現された『最後の晩餐』を見て、この本物を見たら圧巻だろうと思いました。『最後の晩餐』は壁画ですから絵のように保存方法も調整できませんし、現存していることが奇跡ですものね。とりとめのない感想でした。

人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック3件

  1. […] 先日行った特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ 25の秘密~。今、帰宅してメールを見たらGROUPONからメールが届いており、なんとそのチケットが72%OFFの500円とのこと。 […]

  2. こんにちは。
    たまたま新橋駅でダ・ヴィンチ展の広告を目にしてこの企画に興味を持っていました。内容としては、普通の絵画展覧会というよりはダ・ヴィンチ本人と絵画の謎解きという感じなのですね。

    • 本物はなに一つないのですよ。
      そうです。謎解きという感じです。
      今は技術が発達しているので、絵を描いた当時の色などがわかるようになっていました。
      いろいろな説がありますが、当時それを書いていたダ・ヴィンチの気持ちはどうだったのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。