シアター36○ in 国立科学博物館

「科博(かはく)」の愛称の国立科学博物館。私の好きなスポットの一つです。

国立科学博物館

シアター36○ 今回の目的は、シアター36(サンロクマル)。さんびゃくろくじゅうではありませんので、読み方にご注意ください!シアター36○は、直径12.8m(実際の地球の100万分の1の大きさ)のドームの内側に12枚の五角形で全球のスクリーンを作り、その中に浮かした橋に立ち、映像見るのです。360°全方位に映像が映し出されるので、自分が地球の上に浮いているような独特の感じが味わえるのです。10分で2本の内容が毎月変わって映し出されます。今月の「海の食物連鎖」が見たかったのですが、見て面白かったです。あっという間に終わってしまいますが、科博に行ったらぜひ並んででもお試しあれです(定員入替え制です)。

科博は子供だけではなくて、大人も絶対楽しめると思います。音声ガイド(PDA)もありますが、時間を合わせればボランティアのガイドツアーもあるので、こちらもお薦めです。

シロナガスクジラ

閉館ギリギリまでいたので、もう真っ暗です。

シロナガスクジラさん、さようなら。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。