株主総会の議案を見て・・・

6月は様々な企業で株主総会が行われます。平日に開催されるところが多いので、出席できない私は議決権行使書をせっせと書いて送ります。たまたま今日見た企業の決議事項の議案が珍しかったので、ご紹介。

珍しい議案

珍しいと言った意味、わかりますか?

株主総会に出席できない場合は、はがきで議案の賛否を記入して送るのですが、今回のある企業の2つの議案は「会社提案」「株主提案」からの議案なのです。株主提案の議案には「取締役会の意見は反対」とはっきり書かれています。

ちなみに今年のJR東日本の株主総会議案も上記の企業と同じように、「会社提案」「株主提案」がはっきり分かれていました。最初に会社提案した議案を次の株主提案でその議案を覆すものになっています。議決行使書は、どちらかに丸をつけなければ全て「賛成」とみなされるものなのですが、こういう場合絶対に全部賛成というのはないですよね。だって、前の議案に反対している議案があるのですから。

余談ですが、全体的に株主報告書がコンパクトになっている感じがします。報告書がコンパクトになったことで、企業が何を言いたいのか、何に力を入れていきたいのかがわかりやすく、私には便利です。あるIT企業の株主報告書では、twitter(ツイッター)を利用した販売促進が書かれており、これらの報告書を読むたび企業の工夫や努力を感じています。これらの企業努力で業績が伸び、企業が税金をたくさん納められるようになれば、日本全体が潤ってくると思います。頑張れ日本企業!

 

こちらのバナー→人気ブログランキングへを一日一回クリックしてくださるとブログ更新の励みになります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。