初めての小さな一人旅

最後の桜4月8日は、亡き祖父の誕生日

祖父の誕生日には、母がお赤飯を炊いて祖父の家へ出かけていました。

祖父の家までは自宅から電車を乗り継いで行くのですが、ある祖父の誕生日、幼い私を一人でおつかいにやらせようということになりました。同じ都内に住む祖父ではありましたが、幼き私には電車に一人で乗るのも初めてなら、乗り継いで行くなんて、それはもう未知の世界!行く前に何度も母に乗り換えの場所を聞いて出発しました。母はお赤飯を重箱に詰め込み、それを風呂敷に包んで私に持たせてくれたのですが、ちびっ子が大きな風呂敷を落とさないように、そして乗り換えの場所を間違えないようにと緊張した 面持で一人電車に乗っていたのは、傍から見てどんな感じだったのでしょうかね。今の私なら、そういう子供がいたら声をかけてしまうだろうなと思います。

初めての小さな一人旅は何事もなく終わりましたが、何十年経っても、あの時の出来事は色褪せないものです。

・・・そんな思いを馳せながら、今朝はちょっと足を延ばし、桜を愛でながら出勤しました。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。