抽斗

今更ながらですが、村上春樹の『1Q84』を読んでいます。本を読んでわからないことばが出てときに、飛ばして読んでもほとんど本編に支障がないのですが、せっかくわからないことばがでてきたのだからと、私は結構マメに調べます。今回読めず意味がわからなかった漢字が「抽斗」でした。

文の前後から推測すると「ひきだし」の意味であることはわかるのですが、一体なんと読むのでしょう?深夜ベッドで本を読んでいたこともあり、辞典を取りに行くのが寒くて面倒だったので手許にあった携帯国語辞典でとりあえず「ひきだし」と打ってみると「引出」と変換され、その意味が出てきました。う~ん、ひきだしじゃないんだな。じゃあ、なんだろう?ずっと本を読みながら悶々としてました。4時間くらい本を読んでいたのだから、起き上がって辞典を取りに来ればいいものだったのですが・・・。

朝起きて、パソコンを立ち上げ、このことば「抽斗」(←ここをクリックすると読み方が出ます)を調べてみると、やはり読めないという人がいるのがわかりました。『1Q84』を読んでいる人はたくさんいるはずですが、この漢字を読めた方はどのくらいいるんだろう(わからなくて辞書を引いた人はどれくらいいるのかな?)と、思いました。

知らない日本語がまだまだ山のようにあります。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。