浮世絵太田記念美術館

雨の休日、浮世絵で有名な太田記念美術館に行ってきました。太田記念美術館

企画展は江戸の彩。私はその中の葛飾應為『吉原格子先の図』を楽しみに足を運んだのですが、先週テレビでやっていたために、とても混んでいる・・・。とても混んでいるだけに、こんな貼り紙も。

混んでいたのでこんな貼り紙!

さてさて、楽しみにしていた葛飾應為の絵は、さほど大きくないんだということと、現代のイラストレーター(漫画家?)が描いたような印象を受けました。

吉原格子先の図jpg

この絵は吉原の遊郭で、格子越しに男衆が遊女を見定めている図です。行灯の明かりとその陰影が幻想的でした。着物の柄など細かいところまで凝っていてじっくり見れば見るほど楽しめました。ちなみにこの絵には落款がなく、應為は自分の名前を暗号のように絵にひそかに隠していたのです。

左から「應」「為」「栄」。「栄」は本名のお栄からと思われます。 浮世絵はその時代の「風俗」を描いた「風俗画」といえます。ですから、浮世絵を見るとそのときに流行していた着物の図案などがわかり、面白いです。浮世絵には「肉筆画」と「木版画」があります。安土桃山時代は肉筆画の浮世絵が主流だったのですが、たった1枚しかできないため大衆が楽しめるものではありませんでした。木版画は刷ればするだけ大量生産できるので、版画技術が発展したおかげで、浮世絵は遠目に見るものではなく、誰もが手にとって楽しめるようになったそうです。

江戸時代は女の人にとって生きにくい時代だったのだろうなと、男女ボーダレスのような時代に生きている私は思ってしまいました。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。