日本橋を歩く

日本橋に足を運びました。

日本橋の獅子像 日本橋の麒麟彫刻

誰もが知っているこの日本橋。橋柱に掲げられた「日本橋」(東京側の橋柱は漢字で書かれています)と「にほんはし」(日本橋三越側の橋柱はひら仮名で書かれています)の文字が徳川15代将軍徳川慶喜揮毫によるものだということをご存知の人は少ないのではないでしょうか。とても上手な文字ですので、立ち止まって見ることをお薦めです。

工事現場

工事している場所があってもやはりここは日本橋。

  工事の壁  工事の壁

日本橋に関する北斎広重の絵が囲いの壁として使われています。楽しいですね~。

にほんばし島根館 奈良まほろば館

地域からの物産店が出ていて、百貨店以外も楽しめますよ。

室町福徳塾

とっておきの銀座さて、本来の私の目的は室町福徳塾での講座。今日の講座は、銀座の金春通りにある創業140年の老舗呉服屋「銀座伊勢由」の若女将を10年務め、「日本の伝統文化である着物をもっと日常に広めたい」と本物をお手頃価格で買えるお店「銀座いせよし」を開業した千谷美惠さんから、季節の小物づかいを教えてもらいました。

帯揚げと帯締めの色合わせなどとても参考になる話を教えてもらいました。参加した人の中から抽選で3名に千谷さんの著書を頂けるとのことでした。なんとただ座っていただけの私が運がよく頂けてしまいました♪

 

今年も祖母が作ってくれた着物で華やぎたいと思いま~す。

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。