公募していることを、知っていますか?

独立行政法人役員を公募しています 独立行政法人の役員が民間人に公募されているのを知っていますか?この公募については内閣官房のホームページに掲載されていますが、あまりマスコミは取り上げていませんね。天下り根絶に向け、すでに後任が内定していた人事を凍結し、その後新たに任期が切れたポストがあり、50のポストが空いており公募がなされています。

例えば・・・

独立行政法人国民生活センター・管理担当理事(年収約1,400万円)

独立行政法人日本万国博覧会記念機構・理事(総務部担当)(年収約1,460万円)

独立行政法人勤労者退職金共済機構・理事長代理(年収約1,690万円)

など など・・・で、とても高額です。ただし多くが1年9カ月と任期ありです。

応募状況も都度アップデートされています。問い合わせは100以上あるそうですが50ポストに現在12件の応募しかありません。これも、ずっとこういう風にするのではなく、実際に働いて「こんな役員ならいらない!」「高額な給与に見合っていない仕事だから改善しよう」等々・・・これっておかしいよと声を上げることのできる変わった人を求めている一面があるそうです。でも、こんなに少ない応募では、せっかく天下り根絶に向けての良い案も、開けてみたら何も変わらないような気がします。こういうものほど、マスコミが取り上げて人材を探してくれればいいのに。こんなに広い世の中なのですからこの分野の専門知識があり興味のある人はいるんじゃないでしょうかね。

それにしても「以前の天下りの役員給与と同じ額を払う」+「公募費用」だと、今まで以上に費用が発生するだけです。このままでは無駄のスリム化はできません。志が高く、その道の知識ある人が応募し、声をあげて改善してくれることを祈るのみです。

知識ある皆さ~ん、締め切りは11月25日ですよ~!

人気ブログランキングへ  ←現在のランキングは?!   左のバナーをポチッとお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。