大倉集古館

ホテルオークラ東京にある大倉集古館へ行ってきました。ホテルオークラ創始者大倉喜七郎の父で、明治の実業家大倉喜八郎が創立した日本初の私立美術館です。

大倉集古館  大倉集古館

特別展は、良質な朱漆器に由来する「根来」を取り上げていました。「根来」は 漆の塗り方のことであり、先に黒を塗り、その上から朱を塗ってあるもののことなのですが、私にはちょっと良さがストレートに伝わらなかったです。特別展ではありませんが、国宝もここにはあるのですよ。

大倉集古館  大倉集古館

それよりも私は、お庭の展示品や建物が素敵だなと感じました。

大倉財閥を設立した大倉喜八郎氏ははじめは鰹節業者でしたが、時代を見越して鉄砲商となり軍事関係の需要を担い実業家としての地位を築きました。戦争で儲かったので死の商人などと呼ばれたそうですが、晩年は公共事業や教育事業には惜しみなく私財を投じ、活動範囲は企業経営の枠を超え社会公共にも及んでいたそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。