金太郎ちゃん初舞台

染五郎の子供の金太郎ちゃんの初舞台が、今、歌舞伎座で行われています。歌舞伎座

演目は『門出祝寿連獅子(かどんでいおうことぶきれんじし)』です。金太郎ちゃんの初舞台を見るため、当日に販売される一幕見席を初めて利用してみました。

一幕見席  門出祝寿連獅子

一幕見席は、好きな演目だけ見ることができる4階の自由席です。入口も一幕見席は別に設けられていて、急勾配な階段で4階に上がります。イヤホンガイドも利用できますし、気軽に観劇するにはとても便利です。

 連獅子 さてさて、演目はというと、金太郎の父である染五郎、祖父である幸四郎、そして4歳になる金太郎ちゃんの高麗屋三代が同じ舞台で演じ、見ごたえがありました。

幸四郎が出てくると「高麗屋!」と歌舞伎役者の屋号の掛け声が入ります。金太郎ちゃんが出てきたときの「まめ高麗!」という掛け声には大笑いでした。ちなみにこの掛け声をかける場所は、桟敷席や1階席から声をかけるのはご法度なのです。前方の客だけで楽しんで、後方の客がのけものになってしまうからだそうです。という訳で、私がいた幕見には上手な掛け声の方がいらしましたよ。

連獅子の頭を振りまわす場面では4歳の金太郎ちゃんが頭を回せるか少しハラハラしましたが、上手にできていました。口上も大きくよく聞こえる声で「金太郎です」と言えていましたし、ほのぼのした気持ちで見ていました。

 

さてさて、歌舞伎座が建て替わるまであと319日。

あと319日

この建物の名残を残してほしいと願い、歌舞伎座を後にしました。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. え~~~っ!!!歌舞伎座が来年リニューアルされるのですか!?知りませんでした。。。入ったのは高校の社会見学の時だけですけど(^_^;)建て替え前に一度銀座に行った時にでも足延ばしてみます~。しかし、モボモガさんの趣味はシブイ☆☆

  2. くるみさんの高校の社会科見学の方がずっとシブイですよ~。でも、高校生の時だったら、「なんだこれ?」って思ったかも(笑)。私は中学の修学旅行で寺巡りがあったのですが、感想文に「お寺を巡っても良さがわからない。もっと年を経てから廻りたい」らしきことを生意気に書きました。ちなみに今は、寺巡り好きです。年を経ちゃったんでしょうね~(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。