科学技術館

九段下駅で降りたら、人がたくさんでびっくり。今日は8月15日。そう、この人たちは靖国通りを目指していらしていたのです。私たちはその人の波を横目に北の丸公園にある科学技術館に行ってきました。
科学技術館 科学技術館
ここは壁が星形で面白い建物です。原子の構造や電子のエネルギーの軌道などもともと知識のない私ですが、子供のみる技術館だからきっとわかるだろうと思っていました。しかし、甘かった・・・。説明が書かれているのに、読んでも意味が8割分からない・・・。

科学技術館

見学や体験をしたものを掻い摘んで紹介します。これは『プラズマボール』。このガラスボールに触れると、放電する電子が手の動きにそってくるのです。綺麗でしょ。『オーロラ発生装置』などもありましたよ。自然の景色の裏にも科学が隠されているのですね。
大人の私ですけど、体験できるものはたくさん参加してきました。スリリングな『スカイサイクル』にも乗れたし、『シャボン玉装置』の中にも入って楽しめたし、満足満足。特に気に入ったのが、『うずまきシリンダー』。自分の居る場所は固定された場所で全く動いていないのですが、シリンダー全体がスクリューのように動いて見えるため、勝手に身体がシリンダーの回っている向きとは逆の方向に傾いていくのです。ヒトの平衡感覚は三半規管だけではなく、『視覚』も大きな影響があることがこれで実感できました。
 
科学技術館 科学技術館
ゲノムの部屋で、興味をもったのが、『100兆分の1の確率に挑戦!』。14個あるボタンを押して、数字が同じになるかトライしましたが、まったくそろいませんでした。14桁の数字がすべて同じ数字になる確率は100兆分の1だそうです。説明文に「数字が全部そろったら大きな声で係員を呼んでください」と書かれていたのには笑いました。100兆分の1の確率なので、未だに揃ったことがないんでしょうね。 ちなみにこの確率は、ヒトの遺伝情報が両親から子に伝わるときの確立だそうです。つまり一卵性双生児でない限り、兄弟姉妹でも同じ遺伝情報を持つことが無いのだということです。
 
その他、科学教室漫才のような面白実験コーナーがあり、楽しめました。残念だったのは、何時間もいたのに、4階をちょっとしか見ず、建設館で地震体験をしてこなかったことでした。帰ってきてから、こんな施設があったんだ~と知ったのです(悔)。
 
今日も童心に帰って楽しんだ一日でした。 
広告

コメント / トラックバック2件

  1. 楽しい1日で、よかったですね(^^)シャボン玉装置が楽しそう。ところで、ブログって、過去の記事はどんどん消えていくって聞いたのですが、本当かしら?消えてしまうのがイヤなら、個人的に保存したほうがいいのでしょうか?

  2. =たんぽぽさん=
    勝手には消えないと思いますよl。
    容量が一杯になったら、アップした写真を消すか、お引越になるんじゃないかなぁと思っているのですが。
    詳しくなくてすみません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。