紫陽花

道を歩いていたら紫陽花が咲いていました。小さいけれど雨に濡れてキレイだったのでパチリ。

紫陽花

紫陽花の花言葉は「移り気な心」。開花して色が移り変わるからなのでしょうね。紫陽花の句は芭蕉子規にも詠まれていますが、古いものでは奈良時代、そう万葉集にも歌があるのですから、歴史を感じます。
 
言問はぬ 木すら味狭藍(あじさゐ) 諸茅らが 
         練りのむらとに あざむかえけり (大伴家持)
 
この歌は、大伴家持が妻になる坂上大嬢に贈った唄です。二人でたくさん交わされた相聞歌。この歌は、解釈が難しいようで色々な説があるので、皆さん自分なりに楽しんでみてください。なんか、今月は万葉集月間のようですね(笑)。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。