春の靖国神社

先日、夜桜の千鳥ヶ淵を見て感動したので、昼の桜を見に千鳥ヶ淵まで足を運びました。その後、靖国神社へ行ってきました。
靖国神社
花見シーズンなので、とても混んでいました。
靖国神社
桜が咲いて明るい日でしたが、遊就館を見回って出てくると、外の日差しとは対照的に気が重くなりました。これは日本人が作った博物館なので、日本人の側面からのつくりになっていますが、諸外国が作ったらどんな博物館になるんだろうなとも思いました。丁度、映画『靖国YASUKUNI』が上映されるか問題になっています。内容は見ていないので、わからないですがどういう面が映し出されているのか気になります。
 
靖国の話に限らず、モノはひとつでも見る角度によって受け止め方が全く異なることはたくさんあります。そしてその一つ一つがその角度では事実だったりするので、人の意図が加わったら良いものも悪いものに、悪いものも良いものにさせることは容易いです。受け止める私たちが情報を取捨する力を持たないと、この情報が氾濫している今、その坩堝に巻き込まれてしまうと懸念しています。
広告

コメント / トラックバック2件

  1. こんばんは!コメントしようと思ったのですが長くなりそうなのでブログ記事にしました。トラックバックさせてもらいました。

  2. ブログ記事読んだよ。私もトラックバックさせてもらいました(やっとトラックバックのやり方を思い出したので、できるようになりました^^;)。いろんな見方があるからねぇ。蟻から見たら象は大きいけど、鯨から見たら象は小さな生き物だもんね。何を基準にするかでも全然違うよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。